はてなダイアリーガイド「まずはここから」はじめに編

はてなダイアリーガイド「まずはここから」はじめに編

ReadMe First

一目みて分かりますとおり、このキーワードは下書き中です。まだスタートしていません。

ご意見・ご質問のある方は、d:id:sasadag:guide:id:sasadaのコメント欄やトラックバック、または「グループ管理者に問い合わせ」フォームよりお願いいたします。m(_ _)m


このキーワードについて

このキーワードは、キーワード「はてなダイアリーガイド「まずはここから」」の一部です。よく分からない方は、トップページをご覧ください。


はじめに編



sasada註:


この章は、d:id:sugio:10050203を、ほとんどパクッた形で掲載させていただいてます。

こののち、現状に合わせて少々変更させていただこうと考えてます。

いちのせさんに、ありったけの感謝を!!


はてなダイアリーって?

はてなダイアリーは、(株)はてな提供のWeb日記サービスです。直感的に分かりやすい操作で、自分のブログを簡単に作れます。

個人的な日記やメモとして活用している人ももいれば、テキストサイトやニュースサイトとして情報発信している人もいます。

また活発なユーザー間の交流が目立ちますが、マイペースで落ち着いた更新も楽しめるように配慮されたシステムも特徴的です。はてなダイアリーが正式スタートしたときに以下の文章が発表され、はてながこのサービスに込めた思いが述べられています。

 はてなダイアリーは個人の部屋の集合と、広場のオープンカフェのような場所だと思います。

 街に出て見た映画の事、さっき読んだ小説の事、さっきいろいろ考えた事、今日あったささいなできごと・・・。

 そんな、自分の心の中の言葉、誰かに聞いてもらえることを待っている言葉を自分の部屋に書き込めば、すぐに他の部屋の住人や、カフェのテーブルにつながることができます。

 実際は遠く離れているあなたの大切な人の部屋は、ここではすぐとなりです。

 広場のカフェのテーブルでは、さまざまな話題が繰り広げられています。

 あなたの部屋からそのテーブルまでの距離もまた、ほんのすぐとなりです。

 いつでも、どこからでも、すぐに好きなテーブルにいってその話題に入り、そこにいる人々と会話をすることができます。あなたが会いたい人に、会いに行くことができます。

 もちろん部屋の扉を閉じて、一人で静かに暮らすこともできます。

 あなたの部屋に興味を持った人は、ときたま部屋に遊びに来ます。部屋を出る前に、少しおしゃべりをしていくかもしれません。

 部屋の中ではある程度自分の好きなことができますが、広場に出れば少し紳士にならなければなりません。

 はてなダイアリーがそんな場所として発展を続け、そこに集う人の生活が少し豊かになって、そしていつか、広場の外に向けて価値のあるものを生み出す事ができればと願っています。


引用元: はてなダイアリー日記*1 2003年3月13日の記述

はてなダイアリーは誰でも使えるの?

はてな」にユーザー登録したあとダイアリーの利用申請をすれば、すぐにでも日記を書くことが出来ます。

ユーザー登録も、ダイアリー利用申請も無料です。(2004-2-5現在)

有料オプション(180円/月)を申し込めば、追加機能を利用できます。


[トップページに戻る] [目次に戻る]


はてなダイアリーの特長

はてなダイアリーは、サイト作りのまったくの初心者から経験豊富なWebマスターまで、便利に使いこなせます。それぞれの気になるポイントを整理した項目へお進み下さい。

→A.ウェブサイト作りははじめての方

→B.他のサイトを運営していて日記サービスははじめての方

→C.今まで他の日記サービスを利用していた方


[トップページに戻る] [目次に戻る]


はてなダイアリーの特長(ウェブサイト作りははじめての方)

  • 書き方が簡単
    • ウェブ掲示板のように、手軽に書き込みや更新ができます。つまり必要な技能は、クリックと文章を書くだけです。
    • パソコンだけでなく、携帯からも更新できます。
  • 写真を登録できます。
    • 最大150x150pxの画像を日記一日分ごとに1枚登録できます。簡単な写真日記にもなります。
  • デザインを選べます
    • 用意されたテーマ(デザインパターン)の中から気に入ったものを選ぶだけで、日記の見た目を切り替えられます。
    • スタイリッシュなもの、かわいいもの、様々なデザインを好みに合わせて選べます。
    • ユーザーの作った新しいテーマも増えています。
  • キーワード機能
    • 日記の文章が自動的にキーワードにリンクします。言葉の説明にもなります。
    • キーワードで好みの話題の日記を探しやすくなっています。
  • 便利な機能がいっぱい

次ははてなの独自機能の中で、これだけは知らないと損!という説明です。→気になる編はてなの独自機能(リンク)


[トップページに戻る] [目次に戻る]


はてなダイアリーの特長(他のサイトを運営していて日記サービスははじめての方)

  • 更新が楽です
    • パソコンだけでなく、携帯からも更新できます。
    • やはりマークアップアップロード作業がいらないのは楽でしょう。
    • 改行ごとにPタグが挿入される他、様々な簡易入力の記法が使えます。(ヘルプ - 入力ルールについて
    • 日付け単位で更新され、ファイル管理の手間がいりません。
  • 容量が太っ腹
    • 日記全体の容量制限はありません。(2004-6-1現在)
    • 日記一日分ごとに登録できる画像は最大150x150pxですが、全体の容量制限はありません。
  • レンタル日記の中ではデザインの自由度が高い
    • 用意されたテーマ(デザインパターン)の中から気に入ったものを選ぶだけで、日記の見た目を切り替えられます。
    • ユーザーの作った新しいテーマも増えています。
    • ヘッダ、フッタ、日記文中で一部のタグが利用でき(はてなダイアリー利用可能タグ参照)、かなり自由度の高いカスタマイズができます。
  • キーワード機能
    • 日記の文章が自動的にキーワードにリンクします。言葉の説明にもなります。
    • キーワードで好みの話題の日記を探しやすくなっています。
  • 便利な機能がいっぱい

次ははてなの独自機能の中で、これだけは知らないと損!という説明です。→気になる編はてなの独自機能(リンク)


[トップページに戻る] [目次に戻る]


はてなダイアリーの特長(今まで他の日記サービスを利用していた方)

  • 更新が楽です
  • 容量が太っ腹
    • 日記全体の容量制限はありません。(2004-6-1現在)
    • 日記一日分ごとに登録できる画像は最大150x150pxですが、全体の容量制限はありません。
  • デザインが選べます
    • 用意されたテーマ(デザインパターン)の中から気に入ったものを選ぶだけで、日記の見た目を切り替えられます。
    • ヘッダ、フッタ、日記文中で一部のタグが利用でき(はてなダイアリー利用可能タグ参照)、かなり自由度の高いカスタマイズができます。
    • ユーザーの作った新しいテーマも増えています。
  • キーワード機能
    • 日記の文章が自動的にキーワードにリンクします。言葉の説明にもなります。
    • キーワードで好みの話題の日記を探しやすくなっています。
  • 便利な機能がいっぱい
  • 管理サイドの対応
    • 少人数経営の中でも障害情報や仕様変更の説明などは頻繁で顔の見える対応です。
    • ユーザーの要望に応えたフットワークの軽い新機能追加が実現しています。

次ははてなの独自機能の中で、これだけは知らないと損!という説明です。→気になる編はてなの独自機能(リンク)


[トップページに戻る] [目次に戻る]